秋葉原駅徒歩0分の歯医者さん

〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町 1-19 山中ビル3階
JR線「秋葉原駅」昭和通り口前/地下鉄日比谷線「秋葉原駅」前
つくばエクスプレス線「秋葉原駅」前/営団地下鉄新宿線「岩本町駅」徒歩3分

診療時間
10:00~13:00 × ×
14:30~21:00 × ×

休診日:土曜・日曜・祝日

お電話でのご予約・お問い合わせはこちらへ

03-3251-8745

理由(2)痛みを再発させない3つの虫歯治療のこだわり

痛みを再発させない3つのこだわり
同じ歯を二度と虫歯にさせない治療法とは?

前に治療した歯ほど虫歯になりやすいってご存知ですか?

当院の患者さまの約30%は、以前、他院で治療した歯が虫歯になったという2次虫歯の治療です。

また、詰め物がとれるのは、この2次虫歯になっている方がほとんどです。

詰め物と歯の隙間から菌が入り、虫歯の再発により詰め物が取れてしまうのです。

また、詰め物はとれなくても、神経を取った後の消毒が不十分なため、菌が再び繁殖し、歯の奥が痛くなるケースもあります。

これらは患者さま側の問題というよりも、歯科医の技術、患者さまに対する思いのなさが原因で起こる問題です。そこで、こうした問題を解決するべく当院では一度治療した歯を二度と虫歯にさせない治療にこだわっています。

痛みを再発させない3つのこだわり

こだわり1. 正確な「型どり」

こだわり2. 唾液にとけない「接着剤」

こだわり3. 徹底した「根の掃除」

正確な「型どり」

正確な型を取らずに、詰め物や被せ物を作ると、歯と詰め物の間に隙間ができます。その隙間から菌が侵入し虫歯が再発します。

そうなると、いくら治療をしても、また同じ歯の治療を繰り返さなければなりません。

当院では専門の補綴技術(詰め物や入れ歯の技術)を活かして、力かげん、時間、温度など細部にも気を配り、正確な型どりをします。結果、ぴったりの詰め物・被せ物を作ることができます。

※ 保険治療で使われる銀の詰め物・被せ物は、時間の経過と共に酸化が起こり、どうしても歯と銀の間に隙間ができてしまいます。また、“銀が口の中で目立つのでイヤ”という方もいらっしゃいます。そのようなお悩みの場合にはセラミックを使った治療法がお勧めです。

唾液に溶けない「接着剤」

歯と詰め物は接着剤を使って固定します。

しかし、一般の歯医者さんでは唾液に溶けやすい接着剤が多く使われています。

その理由は、原価の安い材料の方が利益が残るからです。当院では安全で、唾液に溶けにくい高価な接着剤を使用しています。

徹底した「根の掃除」

虫歯がひどいと神経を取る治療を行う場合があります。

その際、神経を除去した後に残る空洞に菌が入らないように、掃除をして、薬で封鎖します。これを「根管治療」と言います。

時間と手間と集中力と根気を必要とする難しい処置なのですが、保険制度では低い評価しか与えられていないため、いい加減に処置する医院もあります。しかしこの治療を完璧にしておかないと、いずれ歯根の先端で化膿して、激しい痛みや腫れが訪れます。

この治療は同じ作業が続くため、歯科医も患者さまも疲れるのですが、この治療を徹底して行い、将来の虫歯を確実に減らすお手伝いをします。